メンテナンス講習会

メンテナンスは全てプロに任せる。それもモチロンOKです。
けれどバイクにはいじる楽しみも有ります。
出来る限りは自分でやってみたい、日常の軽メンテナンスくらいは
自分でやりたいという方もいらっしゃることでしょう。
そんな皆さんのご要望にお応えして、
基本の「き」からちょっと高度なことまで。
少人数で実際にさわって貰いながら
体で覚えられるようにしています。


時間…20:00頃から90分ほど。
費用…各回とも材料費別で\1,500です。

参加者募集中!申込みフォームへ

  • 2月25日(土)…タイヤ&チューブ交換 【定員3名】 …終了しました
     ↓講習の様子




  • 3月25日(土)…パンクチューブのパッチ貼り 【定員3名】 …終了しました


     
  • 4月8日(土)チェンの洗浄とリアメカのクリーニング【定員5名】 …終了しました
     ↓講習の様子



      
  • 5月13日(土)…基本点検の仕方と輪行バッグへの収納方法【定員3名】 …終了しました
     ↓講習の様子





  • 6月17日(土)…タイヤ&チューブ交換 【定員3名】 …終了しました
     ↓講習の様子




  • 7月22日(土)…パンクチューブのパッチ貼り 【定員3名】

    パンクして交換したあとのチューブ。そんな穴があいたチューブも、
    補修をすればまだまだ使える場合が多く、予備チューブとして活躍してくれます。
    「タイヤ交換&チューブ修理」の講習から独立した内容なので、じっくりと
    チューブの修理に集中して取り掛かります。
    この講習の受講は、「タイヤ&チューブ交換」の講習を受けた方、
    またはタイヤ&チューブの交換が(なんとか、やっと、でもOK)できる方に限ります。
    これもご自身のバイクを使ってやっていただきますので、実地で役に立ちますよ。
     ↓去年の様子

    参加者募集中!申込みフォームへ


  • 8月26日(土)シフトワイヤーの交換と調整 【定員5名】

    最近ちょっと変速の調子が悪いなぁ・・・。
    それは大抵はワイヤーの「伸び」が原因です。
    モチロンもっと根本的な所が悪いことも有りますが、
    ちょっとしたコツを覚えればそれほど難しくは有りません。
    そこでワイヤーの「張り加減」や、もっと根本的なリアメカハンガー
    (フレームのリアメカ付け根辺り)の平行の見方など、
    一部、専用工具を用いてやっていただきます。
    これで変速の調子が多少悪くなっても安心ですね(?)。
     ↓去年の様子

    参加者募集中!申込みフォームへ


  • 9月9日(土)…基本点検の仕方と輪行バッグへの収納方法【定員3名】

    輪行とは、専用の袋に自転車をバラして入れて公共交通機関を使用して運ぶこと。
    この方法を覚えれば行動範囲はグッと広がります。 
    最近のロードバイクやクロスバイクなどは前後の車輪を外しさえすれば
    簡単に袋に収納することが出来ます。
    前輪だけ外せば入れることが出来るタイプの袋も有りますが、
    やはりマナーとして前後車輪を外す方法がお薦め。
    ちょっとしたコツが有りますが、それさえ覚えれば誰にでも簡単にできます。
    ついでに基本的な点検の方法も覚えちゃいましょう。
    バラすのは簡単でも、組み立てた自転車がちゃんと出来ているか?
    このまま走り出しても大丈夫か?きちんと点検出来るようになると安心ですね。
    ご自身のバイクを使ってやっていただきますので、
    講習用機材なら上手くできたのに・・・ってなこともなく安心です!
    輪行袋をお持ちじゃない方にはこちらでご用意します。
     ↓去年の様子

    参加者募集中!申込みフォームへ


  • 10月21日(土)…タイヤ&チューブ交換 【定員3名】
    セルフメンテナンスの基本の「き」。なので、隔月で開催。しかも少人数!
    パンクは自転車にとって避けられないトラブル。
    ツーリング中にパンクしたらどうしよう・・・?
    そんな不安もこの講習を受ければダイジョーブ。
    雑誌やDVDを見るより断然わかりやすいですよ。
    まずはホイールの脱着から。次にタイヤ&チューブの交換の仕方。
    ご自身のバイクを使ってやっていただきますので、
    講習用機材なら上手くできたのに・・・ってなこともなく安心です!
     ↓去年の様子

    参加者募集中!申込みフォームへ




  • 11月18日(土)ホイールのふれ取り 【定員5名】

    コレはちょっと高度。お好きな方だけどうぞ(笑)。
    と言ってもツーリング中にスポークが折れてホイールが振れてしまい
    ブレーキシューに干渉して走るに走れない!なんて状況になることも
    タマにあります。そんなときには、他のスポークのテンションを調整して
    どうにか走ることが出来る状態にしたいですよね。
    ホイールってこういう仕組みで出来ているんだってことがわかれば
    そんなトラブルにも対処できます。
     ↓去年の様子

  • 参加者募集中!申込みフォームへ

     -回転木馬 トップへ-